FUJIMOCK FES

scale02いろんな方の力を借りて、進めているFUJIMOCK FESの公式サイトをリニューアルしました!!

ぜひ、遊びにいらしてください!!   >> 画像をクリック

クラウドファンディング:プロジェクト成立!!!

引き続きどうぞ、よろしくお願いします >>> READYFOR?

いろいろなエール、しかと受け止めております。今更ですがわかったことがあります。ファブラボは、一緒にものや知識を共有しながらモノをつくっていく施設ですが、一緒につくるところから始めるとしたら、やっと今スタートラインに立てたのだと。本質的なところは、この部分なのだと。機材は時代によってどんどん進化し、どんどんリニューアルされていく。それを追っていたら切りがない。だとたら継続するためにどんなビジネルモデルが可能で、どんな活動のあり方があるのか。しかもユニークなやり方で。これこそ一番クリエイティブなことだと思います。ただし、これは世界でも大きな課題となっている部分です。もうすこしサバイバルできれば、突破口が見いだせるはず。そのためには、スキルアップとこれまでのこれからのネットワークが鍵になってきます。

いま、この瞬間に手を差し伸べてくれてありがとうございます。

「継続は力」なり、いつかたくさんのエールを送れるようになるために!!!!

コラム「FabLabで仕事もつくれますか?」

AXISが提供しているWEBサイトjiku(ジク)にて、FabLabJapanリレー形式連載コラムの第3回を書かせて頂きました!!!

現在進行中のプロジェクト、さらに今後の事業展開など抜粋してお知らせしております!!お時間があるときに
ご一読いただければ幸いです!!

第3回 「FabLabで仕事もつくれますか?」

はじまりました。

只今、READYFOR? という”実行者”を支援する日本初のクラウドファンディングサイトで研究活動費を集める応募を行っています。お時間があるときに、ぜひご一読よろしくお願いします。そして、

「つくる」「つかう」「つなげる」これからの「つくりかた」のお手伝いをしていただけませんか

【第7回鎌倉路地フェスタ】- 文字直売所 by FabLabKamakura –

2012年 4月21日から10日間、「アート」「路地」「鎌倉らしさ」「暮らし」をテーマにした催しが行われております。鎌倉に点在するいろいろな場所が解放され、様々なワークショップが開催されます。予定表で詳細をご確認ください!!!

第7回鎌倉路地フェスタ

今回はじめて参加するFabLabKamakuraは、28,29日の午後1時から午後6時まで「文字直売所」を開きます。文字、文字、文字の直売所を蔵で開いております。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ//

【身体との対話】

背筋や腹筋の筋肉量が低下するとヘルニアを再発して動けなくなるので、月曜日と木曜日はトレーニングとメンテナンスの日。新しい仕事をつくろうと思ったのも、このライフスタイルを維持しないと同じ事を繰り返すと悟ったのが最大のきっかけ。時に爆弾を抱えながら生きるのは、考え方がシンプルになるのである意味とても幸せ。忙しさを理由にさぼっていたトレーニングも先月から再開しており、2時間みっちりストレッチした後に、クラシックバレーのムーブメントを取り入れたインナーマッスルを鍛えるためのコアトレーニングというプログラムを行なっています。少しずつ身体が変化している。身体はもう1人の自分だというのを最近、いたるところで感じております。冴えてくると身体の方がむしろ正直です。内田樹氏曰く、身体知かな。「まさか」を回避する方法やコントロールの仕方、立ち上がり方を身につける術のことをきっと知恵って呼ぶんでしょうね。

image from The Open Ended Group Dance Geometory

【FabLabKamakura Professional Day】

現在、【結のファブ】とは別枠でプロジェクトを動かしたおります。こちらは、設立したLLCの事業になります。第1弾は、鎌倉の素敵な家具屋さんinu it furnitureと組んだ商品開発。いつも本気ですが、もっと本気のものづくりです。どれだけ粘り強く試行錯誤でき細部や収まりにこだわれるのか、それ がプロとアマチュアの違い。実際に市場で通用するレベルの商品はどういうことなのかをモノとして提示していき、FabLabKamakura の質の向上とノウハウのレベルアップを計っていきます。「つくりかた」自体が劇的に変化していく中で、クリエイターの新しい働き方そのものを構築する試み でもあります。これは、やっている当事者も勉強になるし、本当にワクワクして面白いです。これから関わるであろう私の想像を超えたワクワクする人たちのた めにも、事業を持続可能にさせていくためにも、料金設定や関わり方など、きちんと事業プログラムとして確立させていきます。これをしなくて、何をする!!!