Book Picks

【本】★★★★★
題名:建築家なしの建築
著者:バーナード・ルドフスキー
(1984 /鹿島出版会)

「人生で3000冊の本を読んでも、結局手元に置いときたいのは30冊あればいい」とある建築家の言葉が頭をよぎる。名著中の名著ですが、やっぱりこの一冊は入れたいと思ってしまう。1964年、NYの近代美術館で開催された同名の展覧会が、当時の名だたる建築家たちの熱烈な支持を集め出版されたもの。いわゆる建築史の文脈には入らない、世界各地の土着的な構造物の数々。決して色褪せない本物の力強さがあるのです。

風土的[vanacular]建築を崇め立てる気はないけど、
途方もない智恵の集積はやはり圧巻です。

広告