Book Picks

【本】★★★★
題名:恋する西洋美術史
著者:池上英洋
(2008 / 光文社新書)

「恋愛」、それは永遠の謎のひとつ。その媚薬から西洋美術史を覗く。ギリシャ神話の奔放な神々は、今だったら完全な犯罪者だよな……という発想は、現代病ですよとツッコミが入る。中世夫婦生活のルールやら寝とられ男の話など、古代から近代までギュッと詰まった愛の形。キスひとつにしてもカノーヴァの彫刻、クリムトの官能的なものから、マグリットの覆面をした形式的なものを並べ、キスの魔力が失われているという説はとても興味深い。目次を眺めるだけでも面白いです。






目次

第一章  恋する画家たち
1-1 自らの作品に恋心を抱く ーピュグマリオン
1-2 愛された女たち
1-3 悪い男 ーピカソの色好み
1-4 憎悪に変わる愛 ーカミーユ・クローデル

第二章  愛の神話
2-1 ゼウス ー浮気性の最高神
2-2 クピドの矢
2-3 愛の女神
2-4 逃げる男と追う女
2-5 逃げる女と追う男

第三章  愛のかけひき
3-1 キス ー甘美な瞬間
3-2 恋文 ー気持ちの伝え方
3-3 女らしくあるために
3-4 男らしくあるために

第四章  結婚 誓われた愛
4-1 夫婦の肖像
4-2 カップリングと初夜
4-3 妻という仕事
4-4 不釣り合いなカップル

第五章  秘められた愛
5-1 夫婦の寝室
5-2 溢れる性愛
5-3 他人の妻は、蜜の味

第六章  禁じられた愛
6-1 金で買われる愛
6-2 同性愛とタブー

第七章  愛の終わり
7-1 嫉妬
7-2 離婚、死別
7-3 永遠の愛



どれもみな、愛、愛、愛のカタチ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。