Book Picks

【本】★★★★
題名:THE OUTLINE
著者:深澤直人 藤井保
(2009 / アシェット婦人画報社)

『THE OUTLINE 見えていない輪郭』展は、行くには困難なので書籍を取り寄せる。モノが語るというより画面全体からそっとささやきかけてくる写真の数々。語られている言葉 と生み出されているモノにブレがない。頁をめくりながら、こんな素敵な方々が日本で活躍されていることに嬉しくなり、一方でもっと丁寧に生活せねばと反省 してしまった。

みんなが知っているけど見えていない輪郭、
日常、社会、未来を見据えた可能性というアウトライン。

広告

Book Picks

【本】★★★★
題名:つかう本
著者:幅 允孝
(2009 / ポプラ社)

脳卒中のリハビリ施設の本棚から生まれた本。

本と医療の専門家が、リハビリに効く本を選び、使い方を紹介したユニークなガイドブック。アラーキーの『さっちん』、現代美術家の大竹伸郎さんの『ぬりど き日本列島』、ブルーノ・ムナーリの本や偉人の言葉などなど、普通にそそらる本ばかり。取り込むという視点はあっても、「使う」という視点ではあまり本を 読んだことがなかった。いろいろと触発させれてウズウズする。

入院して談話室の申し訳程度の本棚があったが、こんなに充実した図書館があればどんなにワクワクしたであろうに。自分の居場所を違った視点で教えてくれる 本に出会うと、人は変わっていくような気がする。

「ブックセラピー」という言葉を、今回はじめて知りました。


【ブックセラピーの可能性】

医療法人社団和風会 千里リハビリテーション病院
理事長・院長  橋本康子

「ライブラリーを作ろう」。大阪・千里に千里リハビリテーション病院を作ろうと思ったき、まず決めたことです。病院にはこれまで、患者さんが自由に本を読 めるライブラリーというのがあまり用意されていませんでした。病気を治すのに重要だ、とは考えられていなかったからです。

ただ、リハビリの病院は病気になった人が元の生活に戻るための準備をする場。顔を洗ったり、歯を磨いたり、介助なくひとりで歩き、食事もできる。そうした 日常生活の動作・行動の練習は、なるべく家と同じような、家で生活しているイメージがわきやすい環境でやる方が効果的です。そう考えたとき、どの家にもた いていある「本棚」が病院にもあっていいのでは、と感じたのです。

本を使ったリハビリに、常々興味を抱いていたこともあります。

リハビリというと器具を使って筋力をつけるといった、とにかく身体的なものばかりに目を奪われがちです。でも、目に見える障害があるということは、それと 同じくらい脳にもダメージを受けているということです。注意力や判断力、認知力、記憶力、それに感覚の機能が元気だったころとは違っているわけです。その 障害をどう回復させていくか。こうした目に見えない部分をリハビリするものとして、本が役立つのではないかと感心を持っていました。

なにしろ、本を眺め、読むことで昔に想いをはせることができます。一度も訪れたことのない場所にも行けるし、いろんな場面の想像をめぐらせたり、大きな感 動をもらえたりもする。そんな頭と心を適度に刺激してくれる本の力に、大きな可能性を感じています。

とはいっても、いったいどんな本をそろえたらいいものか、医療に携わる私たちだけでは皆目見当がつきませんでした。そこで、ブックディレクターの幅 允孝さんにお願いして「リハビリに効く本」を集めたライブラリーを作っていただきました。

開院してからは、多くの患者さんがライブラリーに足を運び、本を手にする姿をよく見かけています。本が患者さんの心をどこか和ませているようにも映りま す。そんなライブラリーの棚から、こんなすてきな本が生まれました。

まさに、本の専門家とリハビリの専門家が一緒に考えて作った本です。今後は、当院の患者さんたちにこの本を使ってもらい、その反応や効果などをじっくりと 見つめていこうかと考えています。精神面のリハビリは化学的に明らかにされていない部分も多く、研究途上の領域です。それだけに、本書が本を使ったリハビ リ、いわゆる「ブックセラピー」へのひとつの道筋になれば、嬉しいかぎりです。

(『つかう本』より)

Book Picks

【本】★★★★★
題名:DESIGN FOR THE OTHER 90%
著者:Cynthia E. Smith
(2007 / Editions Assouline)

2007年にNYのクーパー・ヒューイット国立デザイン博物館で行われた展覧会のカタログ。デザインの役割をぐっと広げてくれる。開催当初も話題だったの ですが、おおきな災害が起こると改めてデザインの領域を考えさせられる。全世界の9割の人が環境破壊、疫病、水不足などの社会問題に直面しているなか、デ ザインの新たな可能性を考えることはとても自然なことだと思う。

やみくもに押し付けたり、目新しさではなく、本当に必要な問題解決の方法を見つけ出し、視覚化、空間化するのがデザイナーという仕事ともいえる。社会のお 医者さん的存在ですね。

WEB上で同じ作品が掲載されてます。

DESIGN FOR THE OTHER 90%

Book Picks

【本】★★★★1/2
題名:地震イツモノート
制作:地震イツモプロジェクト
イラスト:寄藤 文平
(2007 /木楽舎)

1995年1月17日の阪神・淡路大震災のことを思い返していたら、ハイチで大きな地震が発生した。ドキリとし、身が引き締まる。被災者の体験を教訓とし て伝えることは本当に難しい。

寄藤さんの才能はピカ一。ぜひとも多くの人に読んでもらいたい一冊です。

Book Picks

【本】★★★★
題名:構造デザイン講義
著者:内藤廣
(2008 /王国社)

「構造」や「デザイン」の既成概念をほぐす一冊。構造体の歴史や新たな手法や可能性を魚の骨やジェットコースターといった身近な例にあげ、わかりやすく解 説されている。建築家としての経験に裏付けされた言葉は説得力がある。錦帯橋や牧野富太郎記念館など、足を運んだ建築が出てくると素直に嬉しい。感性をよ り豊かに、凝り固まった知識には柔軟剤のような効き目があるはず。

地震大国でもある日本、被災地でどのような損壊かということもきちんと見ておくことを強調されていた。そこから学ばずして一体どこから学ぶのかというよう に。




「デザインは翻訳すること」

1.技術の翻訳:
高度な技術であっても一般の人に直感的に感じて
もらえる社会に開かれたデザインであること。

2.場所の翻訳
構造物が存在する場所の特性を理解し、
誰にでも分かるような姿形としてデザインに取り入れる。

3.時間の翻訳
一瞬、一日、一月、一年、一世代、数百年、数千年、地球や宇宙の時間。
どの時間と向き合うのか。その場所に流れている時間を感じ取り、
歴史を学び、敬意を払い、その上で引き継ぎ、未来に対して提言する。

(p.29-32)


翻訳の答えに「美」が内包されているのだろう。

ガウディ曰く、「オリジナリティとはオリジンに帰ることだ」

(p.71)

Book Picks

【本】★★★★1/2
題名:沈黙の春
著者:レイチェル・カーソン
(2001 /新潮社)

およそ50年前、女性生物学者がひとつの寓話から世界を記した環境バイブル的な本。木々は枯れ果て、鳥たちは消えうせ、春は沈黙ととも訪れる。殺虫剤などの合成化学物質を大量に使用することが引き起こす深刻な影響が、様々な事例とともに書かれている。特定の物質が問題なのではなく、解決方法の見出し方を学ぶことができます。自然の中に答えがあるということ。秩序を無視し、自ら毒を盛る愚行は何の為なのだろうか、変わらぬ実情にしばし頭をかしげた。

食物に散布される農薬は、使用すれば毎回プラスされ土壌に蓄積し、雨が降れば川から海へと流出する。人体に影響のない量だとしても、食物連鎖によって濃度の高い化学物質が大型の魚や乳製品へと繋がっていることは否定できない。


作っている人たちにも影響があるのに。安価で安易な方法は結局、ものすごいツケが回ってくるということですよね。人の行動のターニングポイントが先か、環境の変化のターニングポイントが先か、
月並みな言葉かもしれないけど、きっとそういうことなのだろう。


ヨーロッパの学者のうちには、進取の気概にみちあふれた人がいて、<<森林生態学>>というべき学問を発展させ、その領域はおどろくほどの広範囲にわたっている。鳥、アリ、森に住むクモに巣喰う細菌までも、樹木と同じように森を構成するものと考え、このような森を保護する生物で、新しい森林をつくろうとしている。

(p.321)

おそろしい武器を考え出してはその鋒先を昆虫に向けていたが、
それは、ほかならぬ私たち人間の住む地球そのものにむけられていたのだ。

(p.325)