Book Picks

【本】★★★★
題名:レヴィ=ストロースの庭
著者:港千尋 (2008/NTT出版)

昨年、享年100歳で逝去したフランスの文化人類学者で思想家のクロード・レヴィ=ストロース(Claude Levi-Strauss)。貴重な巨人のプライベート空間、世界各地で撮影された写真といくつかのテクストで構成されている。表紙の一部であるポートレイトは、静謐な美しさを漂わせながらも果てしない思考の繁茂を感じさせてくれる、すばらしい一枚です。

森は地上の無秩序としてではなく、
わたしたちの世界と同じくらい豊かで
その代わりにさえなるような、
惑星の新世界としてたち現れるのだ。

—-クロード・レヴィ=ストロース『悲しき熱帯』(1955)より

広告