REALTOKYO : 伊東建築塾

これからの建築を考える『伊東建築塾』

「小さな建築塾を開きたい」と描き続けた世界的な建築家、伊東豊雄の思いがついに実現する。5月に開校する贅沢な私塾は、少数精鋭の「建築家養成講座」、 「子ども建築塾」、そして伊東自身が聞き手となり、料理人、アスリート、作曲家など幅広い領域からゲストを迎え建築や都市を考える「土曜講座」の三本柱。 建築は、身体全体で受け止めてもらわない限り、本当の意味で浸透していかない。大学で教えられないことも、私塾であれば思いっきり伝えることができる、と 5年前に述べていた言葉が鮮明に蘇る。ワクワクせずにはいられません。(渡辺ゆうか)

REALTOKYOに寄稿させて頂きました。

伊東建築塾公式ページ

少しでも何かのお力になれれば幸いです。


Tokyo Designer’s Week 2010 【最終日】

ついに最終日です。本当にたくさんの方にお越し頂き、FabLabJapanが次のステップへ進めるためのいい出会いがありました。芳名帳も書ききれず裏面も使用するといった感じです。ああ、こんなにもたくさんの人が可能性を感じて下さっているのかと思うだけで、なんだかパワーをもらえます。「ものづくり」は、人間の本能だということを気づかされました。

機材だけを持ち込み、会期中にカフェを作るという無謀な計画も、なんとか達成!? 終了30分前に、コーヒーを入れて乾杯をする。カナダから参加していたデザイナーの方など、自分の作品をオープンソースにということで提供してくれました。18時無事にイベントも終了。何よりの収穫は、来場者の方々、メンバーとこの空間を共有できたことなのかもしれない。

Tokyo Designer’s Week 2010 【5日目】

カフェといえば、エプロン。ロゴの刺繍を縫い付け、作ってしまいました。やはり、身につけるとたちまちテンションが上がりまくります。そして、ウエハースにロゴをレーザーカッターで焼き付けてみる。うまく彫刻されるものですね。無理矢理感もありますが、カフェのコンテンツも揃いつつあると言ってよいでしょう。(ご愛嬌)

 

メンバーがトーストに挑戦。上手い具合に焼き色がついております。久保田先生はきれいな女性に囲まれ、3Dプリンタの説明中です。うふふ。今回出展しているデザイナーや企業もいろいろと興味を示して下さり、来場者の方々からもお言葉を頂いております。一緒に何かプロジェクトができそうだと次のステップへ繋がっていく過程がとても刺激的ですね。


Tokyo Designer’s Week 2010 【4日目】

TDW展示も後半戦に入りました。木もニョキニョキ育っております。天候も心配なさそうで安心です。完成された空間ではないので、会場ではかなり異色を放っています。まぁ、それが逆に新鮮なんですけど。工作機械を販売しているブースとよく間違えられるので、説明看板を設置。海外の方も多く来場されるので、英字版も忘れずに。

 

おかげさまで、ひっきりなしに人が入っております。昨日から3Dプリンターで作成してた花瓶が完成していた。もちろん、水も漏れていません。産業革命で生まれたデザイナーという職業が、「つくりかた」の変化でどういう役割を持ち得るのか、本気で考えないといけない時期なのかもしれません。

Tokyo Designer’s Week 2010 【3日目】

FabCafeのアイテムがいろいろと出来てきております。カフェといっても、紙、布、木というメニュー表。「つくる」ことと「つかう」ことを実際に体験してもらうことが何よりも説得力があります。3Dプリンターで作成したポットは、説明しながら自分でも何回も驚いてます。


 

今回のメインイベントとなる、シンポジウム。D-Labの遠藤謙さんもSkypeで参加し、とても刺激的でした。さらに、その後のコンテナで行われたカフェトークも盛況。デザイン、ビジネス、文化、教育、まちづくり、ランドスケープ、ネットワーク…etc どの切り口からでも誰もがアクセスできるFabLabの広がりは、やはりすごいです。

カフェトークUSTREAM

Tokyo Designer’s Week 2010 【2日目】

10月30日(土)のTOKYO DESIGNERS WEEK開催中止のお知らせ

台風14号が今週末関東地方へ接近するという予報により、関係各所と協議のうえ、
安全保安上の理由から大変残念ではございますが中止とさせて頂きました。

>>中止詳細はこちら

それでは、興味深い試みをご紹介。
SketchChair というソフトウェア:デザインプロセスがここまで変化していとは驚きです。

Tokyo Designer’s Week 2010 【1日目】

到着すると、会場がメインカラーで染まっていた。FabLabコンテナ前には、パーツを組み合わせどんどん成長する「木」も設置され目印に。会期開始とともに作り出すということで、レーザーカッターで看板を作成していきます。工作機械が動いているだけで、なんだか楽しい。


 

「つくりかた」の未来に、ピンと来ている人と、なかなか理解して頂くのが難しい方も。しかし、実際に体験していただくと楽しんで頂けるので、百聞は一体験にしかず。

来場された方のリクエストに答え、キーホルダーを歯材から作成してみる。さらに、紙、木、布など素材を変えて、サイン、家具、照明、食器などコンテナ内に設置していきます。